OM2501A OM POWER リニアアンプ 新発売

4月 22, 2020

¥0

価格は0円ではありません。3年保証(メーカー3年、真空管は1年保証)
JA用に200V仕様にて、出荷します。

 メールでお問い合わせ
タイトル「OM2501A OM POWER リニアアンプ 新発売」

om_power_logo

説明

価格は0円ではありません。3年保証(メーカー3年、真空管は1年保証)
JA用に200V仕様にて、出荷します。

OM2501Aアンプの概要と利点

プリセットリニアアンプOM2501Aは、1.8〜29 MHzのすべての短波アマチュアバンド(WARCバンド
を含む)およびすべてのモード用に設計されています。セラミック四極管FU-728Fまたは
GU84Bが1本装備されています。

OM2501Aの優れた点

トランシーバーのCATとの完全な互換性を有します。

–ICOM- YAESU- ELECRAFT- Ten-Tec Orion- Kenwood- microHAMデバイスで使用するIcom送受信プロトコル– CI-V出力(MK II、MK2R、MK2R +など)-Flex Radio Series 6xxx- Apache Labs AnanRFセンシティブバンドおよび周波数スイッチング、CATを持たない無線機で使用バンド間の自動スイッチングセグメントに応じたバンドの自動チューニングバンドパスフィルターの自動スイッチング– YAESU無線機と互換性のあるBANDDATA出力(BCDコード)アンテナスイッチの自動スイッチング-アンテナの最大数10、BCD出力コードによって制御Windowsアプリケーションを介したリモートコントロールが可能

OM2501Aの仕様

使用周波数アマチュアバンド1.8 – 29.7 MHz (WARC含む)
出力2500 W(SSB、CW HF帯)ダミー上で
2000W (RTTY/FM HF帯)ダミー上で
入力30~60W(フルパワー時)
入力インピーダンス50 Ω, VSWR  1.5以下
パワーゲイン17 dB
出力インピーダンス50 Ω 不平衡
許容アウトプットSWR3:1
SWR プロテクション反射波が350w以上になると自動でスタンバイになります
IMD-32dBc以上
スプリアス-50 dBcよりよい
真空管1x FU-728F 又はGU84B セラミック管(選択できます。価格は違います)
冷却シロッコファンとブックファン
プリセットチューンの応答速度同一バンド内は0.5秒以下, 異なるバンドへの変更は2秒以下
電源日本仕様 200V 50Hz
トランストロイダルトランス 2kVAⅩ2個
寸法485 x 200 x 455mm (幅 x 高さ x 奥行)
重量40 kg
保護回路– VSWR 高い
 – プレート電流が過多
 -プレート電圧不良
 – スクリーン電流が過多
 – スクリーン電圧不良
 – グリッド電流が過多
 – グリッド電圧不良
 – ヒーター電圧不良
 – パワーアンプのチューニング不良
 – 温度が非常に高い
 – Soft start for protecting your fuses
 – “switch-on blocking“ at opened amplifier
表示装置4.3″ カラータッチスクリーンディスプレイ
特徴高レベルなプロテクション
 Memory for faults and warnings, easy maintenance
 Automatic set-up anode current (BIAS) – no need to manually adjust after changing the tube
 Three programmable working modes of the axial blower
 フルQSK 運用
 Many operational parameters to display
 REMOTE control – connector for LAN connection – remote control software free of charge
 Support automatic external ANT switching

LAN ConnectionPower amplifier is interfaced to LAN via XPORT made by Lantronix (type XP1001000-05R). More info can be found at www.lantronix.com .

Default factory settings of XPORT are:

IP address: 192.168.1.222
Mask: 255.255.255.0
Gateway: 192.168.1.1

These are strictly default settings. You can modify any of these by going to XPORT web GUI via your web browser. We do not recommend changing any other parameters of the XPORT interface as loss of communication can be caused by doing so. There is no default user name or password. It is highly recommended to secure web interface with username and password.

For remote control and monitoring over LAN special software is needed. It is available free of charge, it can be downloaded from the following address:
https://www.om-power.com/download/HF4_PA_Manager_v3.28-setup.exe.

 メールでお問い合わせ
タイトル「OM2501A OM POWER リニアアンプ 新発売」

Brand

OMPower

om_power_logo